affiliate

本当は教えたくないアフィリエイトの競合サイト分析とお宝キーワードの探し方

今回はタイトルにもあるように競合サイトの分析方法とお宝キーワードの見つけ方を徹底的にご説明させていただきます。

Kくん
Kくん
皆さんはアフィリエイトでキーワード選定する際にどういったことを意識していますでしょうか??
キャッシー
キャッシー
キーワード選定は意識しているが、競合サイトの分析はしていませんね。。。だってやり方がわからないですもん。。
Kくん
Kくん
わかります。アフィリエイトを始めたばかりだと競合サイト分析なんか意識できませんよね〜。でもこの競合分析がかなり大切になっていきます。

今回皆さんにお伝えする競合分析というものは自分がSEOで上位表示を狙っているキーワードで、どうやって競合サイトより上位の位置に表示させるかということです。

狙っているキーワードで検索し、競合サイトだらけだとそのキーワードでSEO上位表示を狙うのがはなり難しいです。

競合が多い検索キーワード

検索キーワード月間検索回数
美容液×おすすめ1万回以上
ニキビ×治す1万回以上
脱毛×メンズ8000回以上
転職エージェント4万回以上

基本的には検索ボリュームが5000回以上のキーワードを初心者が狙うのはかなり無謀です

月間5000回以上のキーワードは法人の競合サイトがたくさんいるため、上級者でない限りはあまり攻めない方がいいかと思います。

トム
トム
ではどういったキーワードを狙ったらいいの??
エマ
エマ
どうやって競合サイトが多いキーワードを分析するの??

安心してください。今回はみなさんに競合サイトを分析した上で、初心者ブロガーが狙うべきキーワードの選定方法をわかりやすく説明していきます。

この記事を読むメリット
  1. 競合サイト分析を意識することで初心者でも稼ぐことができる
  2. 競合サイトが少ないお宝キーワードを見つけることができる
  3. 稼ぐためのキーワード選定を身につけることが可能

この記事を作成するにあたってたくさんの時間とお金をかけました。

  1. 有料note10冊以上
  2. 月額4000円以上の有料メルマガ複数
  3. アフィリエイトに関する書籍
  4. SEOに関するwebサイトや記事

今回は僕がSEOの勉強をするにあたって、得たノウハウを皆さんにわかりやすく噛み砕いて記事に落とし込んだので最後まで読んでもらえると嬉しいです。

目次

✔︎競合サイト分析で見るべきポイント

  1. ドメインパワー
  2. 記事数
  3. 被リンク数

✔︎本当は教えたくない!お宝キーワードの探し方

  1. 検索ボリュームが100〜1000回で購買意欲の高いKWを見つける
  2. 上位表示されているサイトの種類を見る
  3. 検索結果のキーワードがタイトルに含まれているかを調べる
  4. UberSuggestを利用する
アフィリエイト おすすめASPを徹底的に比較してみた!アフィリエイト会社(ASP)を徹底的に比較している記事になります。有名なアフィリエイト会社の中でおすすめのサービスを中心に紹介しています。...

競合サイトで見るべきポイント

競合サイト分析項目
  1. ドメインパワー
  2. 記事数
  3. 被リンク数

競合サイトの分析する項目は上記3つになります。

競合分析の際、この3つの項目を調べていくことが大切になります。

Kくん
Kくん
では早速説明していきましょう!

その1:ドメインパワー

ドメインパワーとはサイトのランクのことを言います。

グーグルはサイト1つ1つにドメインパワーという名のサイトランクをつけています。

このドメインパワーは高ければ高いほど、Googleに評価されSEOで記事が上位に表示されやすくなります。

そのため競合分析をする際はまず自分のサイトのドメインパワーをしっかりと把握した上で競合サイトのドメインパワーと比較、分析することが大切になります。

ドメインパワーを上げる方法は下の投稿を参考にしてください!

ドメインパワーを調べる際に利用するのがmoz barというGoogleの無料プラグインツールです。

このツールを利用すると自分のサイトのドメインパワーと競合のドメインパワーを分析することができます。

ダウンロード方法も簡単です。moz barの無料会員になって、ダウンロードするのみです。

moz bar 使い方

moz barをダウンロード完了したとして進めます。

まず自分が狙っているキーワードをGoogleの検索窓で検索します。

今回の例は、「SEO×対策」というキーワードにしましょう。

まずGoogleの検索窓に「SEO×対策」と検索してみましょう。

✔︎「SEO×対策」で検索した際の検索結果

「SEO×対策」と検索した際に、moz barをダウンロードしていると上のような感じで各サイトの下にPADAという数字がでてきます。

この数値がかなり大切になってきます。具体的に説明していくと下のような感じです。

PA:ページ・オーソリティー(ページパワー)

DA:ドメイン・オーソリティー(ドメインパワー)

✔︎用語:PA(ページパワー)とは?

PAとはサイトページのランクになります。

上の場合でいうと「SEO×対策」で上位表示されているサイトページのランクになります。

✔︎用語:DA(ドメインパワー)とは?

DAというのはページのランクではなく、サイト全体(ドメイン)のランクのことを示しています。

まず競合サイトに勝つためには競合のPAとDAの数値を超えていく必要があります。

仮に新規記事を作成する場合に、新規記事が競合サイトより上の位置にくるまでにかかる時間はざっくりと下記のような感じになります。

競合分析
  1. DAが12以下:1年以内で追いつける
  2. DAが13〜18以下:1〜2年以内で追いつける
  3. DAが19以上:追いつくのに2年以上はかかる

(出典:manablog)

上記はあくまで参考値として理解していただけると嬉しいです。

また補足としてSEOで上位表示するためには、このDAが高くないと上位表示されないというわけではありません。

ただSEOに上位表示される1つの要素として、PA、DAの強さが大切といった感じになります。

個人的には初心者の方の場合はDAが12以下のサイトが上位表示されているキーワードを見つけて記事を書いていくことをおすすめします!

またmoz bar以外にもリシリコンブという無料神サービスもおすすめです。

こちらは会員登録なして利用することが可能ですのでお気軽に利用することができます。

リシリコンブの使い方は超簡単です。

リシリコンブのサービスに入って、キーワード検索窓に自分が狙っているキーワードを打ち込むだけでそのキーワードの難易度が簡単にでてきます

リシリコンブの画面

かなり手軽に利用できるので個人的にはおすすめです。

しかし無料ということもあり1日に利用できる制限数が決まっているため、そこが少し残念なところです。

とはいえ、使いやすく、簡単なツールなのでお気に入り登録するといいでしょう。

その2:記事数

競合分析の際に見るべきポイントの2つ目はサイトの記事数になります。

ドメインパワーは質の高い記事数に比例して高くなっていくため、競合サイトの記事数をしっかり見ていく必要があります。

2019年以降からは質の低いコンテンツを量産することは逆にGoogleから悪評価をもらう可能性が高くなっています。

質の高いコンテンツとはユーザーの滞在時間が高く(3分以上が理想)、SNSなどで多くの人にシェアされているサイトになります。

✔︎質の高いコンテンツの特徴

なので記事作成の際は質の高い記事を作ることを意識するといいでしょう。

少し話を戻しましょう。

先ほど、競合分析をする際には、競合サイトの質の高い記事数を見る必要があるとお伝えしました。

では具体的に競合サイトの記事数を調べる方法をお伝えします。

競合サイトの記事数の調べ方

「site:競合サイトのURL」をGoogleの検索窓に検索すると競合サイトの更新記事数が簡単に見ることが可能になります。

具体的な例として就活系の媒体であるキャリアの神様(URL:https://shikitaka.com)の合計記事数を見ていきましょう。

Googleの検索窓にて「site:https://shikitaka.com」と検索してみましょう。

すると約246件と数値が検索ツールという文字が下に出てきます。

キャリアの神様の記事数

そのためキャリアの神様というサイトより強いサイトを作る際には、目安としては246個の記事を作る必要があるということになります。

✔︎アフィリエイト初心者の悩み

げんき
げんき
競合サイトの記事数が1000記事以上だとやる気なくなります!
Kくん
Kくん
安心してください!競合サイトの記事数が仮に1000記事以上じゃなくても全然競合に勝てる方法があるんです!

例えば「コストコ」というキーワードでSEO上位表示させたいとしましょう。

では、まず「コストコ」というキーワードで検索した際に、どのような競合サイトがあるのかを調べていきましょう。

Googleの検索窓で「コストコ」と検索して上位3サイトの記事数を見て見ましょう。

上位3サイトの総記事数は下のような感じになります。

トム
トム
競合の記事数多いな〜。。こんなんだとSEO上位は無理だわ!!
キャッシー
キャッシー
さっき学んだことは、競合より上の位置を狙うには、競合よりも質の高い記事を多く書かないといけないということですよね。それでいうとSEO2位の暮らしニスタより上の位置を狙うには1870記事以上書かないといけないってこと??
Kくん
Kくん
安心してください!結論、SEOで「コストコ」というキーワードで自分のサイトを上記競合より上の位置にあげたい際は、競合より多くの記事を書かなくてもいいんです。

実は見るべきポイントというものはたった1つです。

それは「コストコ」と言うキーワードを含んだページが何記事あるかという点です。

では上記3サイトの総記事数のうち「コストコ」に関する記事がどのくらいあるかというと下のような感じになります。

例えば、上記SEO2位の暮らしニスタは総合計記事数は57000記事です。

しかし「コストコ」に関する記事数はたったの658記事です。

そのため「コストコ」というキーワードで上位表示されている暮らしニスタより上の位置を狙うには、ざっくりと658記事が必要ということになります。

エマ
エマ
なるほど!要は総記事数ではなくて狙っているキーワードが含まれている記事が何記事あるかを見るのが大切なんですね!

ではどうやって競合サイトのコストコに関する記事数を調べるの????

やり方は簡単。Googleの検索窓【intitle:キーワード site:対象サイトURLと検索するだけです。

すると狙っているキーワードが、タイトルに含まれているページ数の合計が出てきます。

具体例として、先ほど説明した暮らしニスタというサイトの例を上げていきましょう。

暮らしニスタというサイトの中にコストコに関する記事がどのくらいあるのか調査してみましょう。

Googleの検索窓に「intitle:コストコ site 暮らしニスタのURL」と検索すると検索結果が出てきます。

✔︎intitle:コストコ site 暮らしニスタのURL」の結果

かY.jpg

検索してみると、暮らしニスタの総記事数は57000記事ありますが、コストコに関する記事は658記事だと分かるかと思います。

そのため「コストコ」というキーワードでSEO上位を目指すには658記事は必要だという目安になるかと思います。

まとめると競合サイトを分析する際は、狙っているキーワードが競合サイトの中で何記事あるかを調べることが大切だということになります。

その3:被リンク数を見る

被リンク数はドメインパワーを上げるためにはかなり大切な要素になります。

被リンクとは外部サイトに設置されたリンクのことをいいます。

もっとわかりやすく言い換えると、自分のサイトが他のサイトで紹介されることをいいます。

この被リンク数はGoogleに評価されるサイトを作る際にとても大切になってきます。

では競合サイトの被リンク数を見る方法をご説明していきましょう。

競合サイトの被リンク数を見ることができるツールは3つあります。

  1. hanasakigani.jp
  2. SEOTOOLS
  3. SEOチェキ!

1つだけ例を挙げて説明していきます。

hanasakiganiの例でいうと、まずhanasakiganiの検索窓でライバルサイトのURLを入れます。

hanasakigani.jp マイサイト被リンクチェック

そして競合サイトのURLを入れてチェックボタンを押すと被リンク数の結果が出てきます

hanasakigani.jp マイサイト被リンクチェック

上記の場合ですと1597個の被リンクをもらっているということになります。

また下にスクロールすると、競合サイトの中でもどのページがより被リンクをもらっているのかがわかります。

hanasakigani.jp マイサイト被リンクチェック

そうすると例えば「被リンクが多いページのキーワードで戦うのは難しいからやめよう」という選択肢にもなります。

一旦ここまでをまとめると競合サイトの分析する際に注目するべきポイントは下の3つがあるということをお伝えしていきました。

競合サイト分析項目
  1. ドメインパワー
  2. 記事数
  3. 被リンク数
キャッシー
キャッシー
ちょっとまってよ〜!僕のサイトはドメインパワーがとても低いので競合サイトに勝てっこないよ〜
Kくん
Kくん
安心してください!今回はドメインパワーが低くて、競合サイトに勝てない人でも、稼ぐためのオススメの解決策をお伝えしていきます!

その方法は、ドメインパワーの高い競合サイトが少ないお宝キーワードを見つけるということです。

これができればドメインパワーが弱い方でも簡単に、SEOで上位表示できる確率が上がるかと思います。

Kくん
Kくん
では具体的にお宝キーワードの見つけ方をご紹介していきましょう!

競合サイトの少ないお宝キーワードの見つけ方

お宝キーワードの見つけ方
  1. 検索ボリュームが100〜1000回で購買意欲の高いKWを見つける
  2. 上位表示されているサイトの種類を見る
  3. 検索キーワードが競合サイトのタイトルに含まれているかを見る
  4. UberSuggestを利用する

1:上位表示されているサイトの種類を見る

まず一番簡単なやり方は上位表示されているサイトが無料ブログであったり、Yahoo!知恵袋の場合だとかなりの確率でライバルがいないキーワードになります。

要は無料ブログがSEOで上がってくるということは、そのキーワードで記事を書いているサイトがかなり少ないということになります。

そのため無料ブログなどが上位表示されるキーワードがある場合はかなりチャンスなのですぐ記事を書いていくといいでしょう。

以前僕がツイートした投稿もかなり参考になると思うので参考にしてね!

2:検索ボリュームが100〜1000回で購買意欲の高いKW

2つ目は検索キーワードのボリューム100回〜1000回&購買意欲が高いキーワードを狙うと競合サイトがかなり少ない傾向にあります。

では検索ボリュームが100〜1000回という要素と購買意欲の高いKWという要素に分けて詳しく説明していきます。

まず検索ボリュームが100から1000回のキーワードについて説明していきます。

検索ボリュームが100〜1000回のキーワード

一番最初に説明した美容液×オススメのような検索ボリュームが1万回/月のようなキーワードで上位表示させるにはかなりの時間と知識が必要になります。

そのため初心者ブロガーさんんはまずは100回〜1000回くらいのキーワードボリュームのキーワードを狙うと競合が少なくて簡単にSEOに上位することが可能になります。

検索ボリュームと収益性

検索ボリューム月1万以上:月100万以上(収益)

検索ボリューム月5000以上:月70万〜100万円(収益)

検索ボリューム月3000回以上:月30万前後(収益)

検索ボリューム月1000回以上:月10万〜30万円

検索ボリューム月100回以下:月1000円〜10万円

上記数値は扱っている案件の報酬などにも依存するので参考程度にしてください!

初心者の皆さんは上記でいう月100回から1000回以上の検索ボリュームでSEO上位を狙うといいでしょう。

キーワードの検索ボリュームを調べるツールでオススメなのがaramakijyakeubersuggestになりますので参考にしてくださいね!

aramakijakeの使い方の例を簡単に説明させていただきます。使い方は簡単。

aramakijake内の検索窓に狙っていくKWを入れて検索するのみになります。

✔︎aramakijakeの画面

 

トム
トム

月間の検索ボリュームが100〜1000回のキーワードがオススメなのはわかりました。

しかしどうやって月100回から1000回くらい検索されるキーワードなのかをみつけるのでしょうか。

オススメの方法とかはあれば教えてもらいたいです!!

 

月間の検索ボリュームが100回〜1000回のキーワードの簡単な見つけ方は3語の複合キーワードを調べるということです。

3語キーワードというのは検索窓でユーザが3語で検索するキーワードのことを言います!

✔︎3語キーワードの例

  1. 転職エージェント×おすすめ×福岡
  2. シミ×原因×50代
  3. 抱っこ紐×おすすめ×最安値
  4. ライザップ×30代×効果
  5. ハゲ×20代×原因
  6. プログラムスクール×幼児×おすすめ

また需要のある3語キーワードの見つけ方はヤフーの虫眼鏡機能を利用するという感じになります。

虫眼鏡機能とはヤフーの検索窓によく検索されるキーワードを予測して候補をヤフー側が教えてくれるという機能です。

例えば「美容液×ランキング」と検索して見てください。

そうすると「美容液×ランキンル」と検索するユーザがセットで検索する3語目のキーワードが自動で出てきます。

この自動で出てくるキーワードはヤフーの検索窓でよく検索されるキーワードになりますので需要はかなり高いキーワードになります。

そのため3語キーワード(検索ボリュームが100回〜1000回)くらいの需要のあるキーワードを狙って記事を書くといいでしょう。

購買意欲の高いキーワード

ではその次に意識するべきポイントしては、購買意欲の高いキーワードを狙うということです。

 

キャッシー
キャッシー

検索ボリュームが月100件から1000件のキーワードはライバルが少ないため、オススメということはわかりました。

しかし検索ボリュームが少ないため大規模に稼ぐことが難しいのではないでしょうか??

Kくん
Kくん

いい質問です。確かに検索ボリュームが少ないと稼ぐことは難しいと思いがちです。しかし購入に近いキーワードを狙うと検索ボリュームが少ないにもかかわらず稼ぐことができます。

実際に僕も検索ボリュームが月0件〜50件くらいのキーワードでも毎月10件くらいの注文が入っています。

そのため次に意識するべきポイントは購入に近いキーワードを狙うということです。

購入に近いキーワードとはどういうことかを理解するにあたってまずカスタマージャーニーというマーケティング用語を理解しないといけません。

カスタマージャーニーとはユーザーがインターネット場で商品を購入する際の動きになります。具体的には下のような感じです。

カスタマージャーニー

ここでいう購入が近い層とは上記でいう検討している層になります。

ではもっとわかりやすく説明するために例を下の表に作りました。

✔︎ハゲに悩んでいる男性がGoogleの検索窓で検索するキーワード

用語説明(ユーザの頭の中)検索キーワード
1認知/注意問題を知る/原因を調べる

  1. 最近薄毛が目立ってきたな
  2. 薄毛対策しないとな
  1. 薄毛×原因
  2. ハゲ×つらい
  3. 毛が薄くなる原因
2興味/関心問題を解決するための方法を探す

  1. どうすれば薄毛対策できるのかな
  2. なんか薄毛対策にオススメの方法ないのかな
  1. 薄毛×対策×おすすめ
  2. 薄毛×改善策
  3. 薄毛×改善×食べ物
3検討解決策がわかり購入検討

  1. 薄毛対策にいい商品はどんなものがある
  2. 薄毛に効果があるのはどれだろう
  3. 育毛シャンプと育毛剤どっちがいいのかな
  1. 育毛×シャンプー×比較
  2. 育毛×かつら×おすすめ
  3. 育毛剤×オススメ×おすすめ
4商標検索具体的な商品名を検索

  1. アートネイチャーいいかも
  2. リアップの評判はどんなのかな
  3. せっかくなら安くで購入したいな
  1. アートネイチャ×口コミ
  2. リアップ×評判
  3. リアップ×最安値
  4. リアップ×割引
  5. リアップ×効果
購入悩みを解決する商品を購入する
  1. SNSにてシェア
ハゲに悩んでいるユーザーの動き

1:認知/注意段階(購入からは遠い)

最近髪の毛が薄くなったから原因やどうすれば髪が生えるか調べようとしている層

▼検索キーワード
ハゲ×原因×30代、ハゲ×30代×モテない、ハゲ×原因×生活習慣、ハゲ×たばこ×原因

2:興味/関心段階(購入からはやや遠い)

ハゲの原因がわかってきており、ハゲを改善させる解決策はどういったものがあるのかを調べている層

▼検索キーワード
ハゲ×対策×食べもの、ハゲ×おすすめ×改善方法、ハゲ×30代、対策

3:検討している段階(購入にやや近い)

ハゲを治すための解決策がわかり、次は解決してくれそうな商品の詳細を知りたいと思っている層

▼検索キーワード
育毛剤×おすすめ×40代、カツラ×男性×おすすめ、AGA×おすすめ×東京、育毛シャンプー×おすすめ×30代

4:商品指名検索(購入に近い)

自分のハゲを解決してくれそうな具体的な商品が決まって、購入するか迷っている層

▼検索キーワード
リアップ×口コミ、リアップ×メリット×デメリット、スカルプD×効果、スカルプD×最安値

購入に近い層がよく検索するキーワードは3、4くらいになるのでこの辺のキーワードを狙うといいということになります。

では検索ボリュームが100から1000位のキーワード&購入に近いそうキーワードをまとめると下のような感じなります。

検索ボリュームが月100から1000回

競合サイトがかなり少ないので初心者にはオススメです。3語キーワードから探していくと月100から1000回のキーワードが簡単に見つかります。

購入に近いキーワードを狙う

悩みに対する解決策が見つかった層が検索しそうなキーワードを狙っていく

具体的には「育毛剤×おすすめ×50代」とか「リアップ×効果×30代」あたりのキーワードになります。

3:検索キーワードがタイトルに含まれているかを見る

お宝キーワードを見つけるための3つ目の方法は上位表示に表示されているサイトのタイトルを見るということです。

よくある悩みの例としては、たえば「小学生×洋服×人気ブランド」というキーワードを狙いたい場合、グーグルの検索窓で検索して見ると約4,500,000件のサイトが出てきます。

「小学生×洋服×人気ブランド」の検索結果

その際に「約4,500,000サイトもライバルがいるのでは!?」と思っているブロガーの方も多くいるかと思います。

しかし実際のライバルはもっと少ないのです。

理由は検索結果の約4,500,000サイトのタイトルに「小学生×洋服×人気ブランド」という3語全てのキーワードが含まれているかというとそうではないからです。

具体的には下のような感じになります。

タイトルに「小学生×洋服×人気ブランド」という3つのキーワードの内1つ以上のキーワードが含まれているサイト

21500/4500000サイト

タイトルに「小学生×洋服×人気ブランド」という3つのキーワードがすべて含まれているサイト

5/4500000サイト

要は「小学生×洋服×人気ブランド」で検索して見ると、

実際に450000サイトがヒットされますが、それらのサイトのほとんどは小学生の洋服に関する人気ブランドに関する記事じゃない可能性がかなり高いということです。

では実際にどうやって「小学生×洋服×人気ブランド」というキーワードが競合サイトのタイトルに含まれれいるかを調べる方法下記になります。

  • intitle:入力したキーワードが1つでも記事タイトル内に含まれている(部分一致)
  • allintitle:入力した全てのキーワードが記事タイトル内に含まれている(完全一致)

ではもっと具体的に見ていきましょう。

「intitle:小学生×洋服×人気ブランド」で検索するとタイトルに小学生、洋服、人気ブランドというキーワードの内いずれかが含まれているサイトのみが表示されます。

小学生×洋服×人気ブランドというキーワードのうちいずれかがタイトルに入っているサイトは合計21500サイトあるということがわかります。

では今度は、「allintitle:小学生×洋服×人気ブランド」で検索してみましょう。

そうするとタイトルに小学生と洋服と人気ブランド3つのキーワードが含まれているサイトは6つしか出てきませんでした。

そのため仮に小学生×洋服×人気ブランドでSEOを上位表示させるには、実質のライバルは6サイトのみになるということがいえます。

そのためそのキーワードで記事を書いていくと割と簡単にSEO上位表示される可能性が上がるかと思います。

またお宝キーワードを見つけていくにはintitleで調べた際の検索にヒットするサイト数が多く、allintitleで検索した際に検索ヒット数が少ないキーワードがお宝キーワードということができるでしょう。

具体的なお宝キーワードは検索結果の比率はintitle:allintitleが5:1程度であればお宝キーワードの可能性が高いです。

先ほどの「小学生×洋服×人気ブランド」の例でいうと、

allintitleの検索結果件数が6件と少ないため「小学生×洋服×人気ブランド」を全てタイトルに含んでいるサイトは少ないということになります。

またintitleで検索した際には21500件と結果結果件数が多かったため、ユーザーからの十分な需要のあるキーワードであるということが言えます。

小学生×洋服×人気ブランド比率

intitle:allintitle=21500:6

上記見るとかなり穴場のキーワード例になります。

皆さんもこう行った感じで穴場キーワードを見つけていくといいでしょう。

4:UberSuggestを利用する

お宝キーワードを見つけるための4つ目の方法はubersuggestというツールを利用した方法になります。

これ本当は自分だけのものにしたかったのですが、特別に公開したので参考にしてください

ubersuggestの検索窓に競合のサイトURL入れると競合がどのようなキーワードでSEO上位表示されているかがすぐにわかります。

ではこれを使ってどうお宝キーワードを見つけるかというと、このUberSuggestにYahoo!知恵袋や教えてgoo!のURLを入れて検索するという方法です。

キャッシー
キャッシー
なぜヤフー知恵袋や教えてgoo!がどのようなキーワードでSEO上位表示されているのかを調べる必要があるのでしょうか?

答えはSEOで知恵袋が上位に上がっているキーワードはライバルが少ないキーワードだからです。

要はYahoo!知恵袋がSEOに上位する理由としては、競合のアフィリエイトサイトがほぼないので知恵袋が上がってくるといった原理になります。

一様、その投稿も下に添付しておきますね。

では次に実際にubersuggestに知恵袋のURLを入れて検索していきましょう。

✔︎ubersuggestに知恵袋のURLを入れて検索

ubersuggestに「知恵袋のURL」を入れて言語を日本で選択し検索しましょう。

そうすると下のようなキーワードがでてきます。

✔︎知恵袋のURLを入れて検索した検索結果

もっと知りたい方は「このドメインのランクに関連している全てのSEOキーワードを見る」というボタンをクリックしましょう!

そうするとたくさんのお宝キーワードがみつかります!!!

知恵袋を活用したお宝キーワードの例

  1. スニーカーウォーズ
  2. フォーチュンミュージック
  3. お家 ホームステイ
  4. さくらトラベル
  5. ガリバー フリマ

このようにYahoo!知恵袋とUberSuggestを活用してお宝キーワードを見つけるといいでしょう。

Ubersuggest用語チェック

  • SEOキーワード:知恵袋が上位しているキーワード
  • ボリューム:月間の検索キーワードの量
  • ポジション:検索キーワードに対する知恵袋のSEO順位
  • 流入見込み:月に何人のユーザーがサイトに流入するか

ubersuggestは競合分析以外にも様々な機能が無料で利用できるためブロガーは利用することをおすすめしますよ!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は競合サイトの分析のやり方とお宝キーワードの見つけ方を徹底的に解説指定行きました。

まとめると下のような感じになります。

競合サイトの分析するべき3つの項目

競合サイト分析項目
  1. ドメインパワー
  2. 記事数
  3. 被リンク数

お宝キーワードの4つの見つけ方

お宝キーワードの見つけ方
  1. 検索ボリュームが100〜1000回で購買意欲の高いKWを見つける
  2. 上位表示されているサイトの種類を見る
  3. intitle/allintitleを利用する
  4. UberSuggestを利用する

http://fqw45966.site/01/

About me

僕はWebマーケの会社で働いている24歳のサラリーマンです。

ブログ術やSEOに関する役に立つ情報を発信していきます。

つまり意識高い系というよりかは血糖値高い系カラスです。