affiliate

アフィリエイトで月5万円稼ぐためのキーワード選定をご紹介

トム
トム
アフィリエイトで稼ぐのに大きく影響している点を2つあげろ!といわれたらなんて答えますか??
Kくん
Kくん
僕はキーワードの選定(SEOの知識)とアフィリエイト案件の熟知とこたえます!   
稼ぐための個人的な見解

アフィエイトで稼ぐにはまずしっかりアフィエイト商材が紹介できるジャンルのキーワード選定をしそれを狙って記事を書くことがとても大切になります!

Kくん
Kくん
今回はキーワード選定の理解を中心に説明して行きます!そのためアフィエイト案件の熟知は割愛します。

アフィリエイト案件を把握したい人は下の記事を読むとほぼ理解熟知することが可能になります。

アフィリエイト おすすめASPを徹底的に比較してみた!アフィリエイト会社(ASP)を徹底的に比較している記事になります。有名なアフィリエイト会社の中でおすすめのサービスを中心に紹介しています。...

キーワードとは??

トム
トム
キーワードとはなんなんですか???

グーグルの検索窓にユーザーが検索することばのことをアフィリエイト業界ではキーワードといいます。

アフィリエイトで稼ぐためにはこのキーワード理解がかなり大切になってきます。

みなさんキーワード選定をしっかり行なって記事を書いていますでしょうか。よくあるダメな例がキーワード選定をせずに自分の書きたいサイトを書いているパターンです。

稼いでいる人のキーワード選定手順

  1. どんなキーワードが需要ありなのかを調べる
  2. 需要がありそうなキーワードを選定する
  3. そのキーワードで記事が書けそうか考える
  4. そのキーワードで記事を書く

稼いでいない人のキーワード選定

  1. 自分の書きたいことが思い浮かぶ
  2. とりあえず記事を書く
  3. 自分の書きたいことがなくなる
  4. ネタ切れが発生する

なのでまずはグーグルの検索窓に検索されるキーワードをしっかり分析した上で記事に家事作成をすることが大切になります。

キーワード選定をするためのキーワード理解

キーワード種類

ビックキーワード:月1000万円以上稼げる

ミドルキーワード:月100万円以上稼げる

テールキーワード:月50万円以上稼げる

キーワードは基本的に上記3つにカテゴライズすることができます。

Kくん
Kくん
いちよう、上記収益は個人的な主観であったり、実際にアフィリエイト商材が多いジャンルのキーワードで記事を書いた場合や購入に近いキーワードなど様々な要素がからみあっていになるため参考程度にしていただければと思っております。

話を戻すと、アフィリエイトの世界では、それぞれのキーワード定義は月間検索ボリューム検索キーワード語数によって定義付けられていることが多いです。

Kくん
Kくん
具体的にはしたのよな感じですね!!
キーワードの定義

●月間ボリュームの視点

  1. 月間検索ボリューム1万以上 → ビッグキーワード
  2. 月間検索ボリューム5000以上→ミドルキーワード
  3. 月間検索ボリューム1000未満 → テールキーワード

●キーワード数の視点

  1. 1語のキーワード → ビッグキーワード
  2. 2語のキーワード → ミドルキーワード
  3. 3語以上のキーワード → スモールキーワード

それぞれのキーワードの違いについて

それぞれのキーワードには特徴が存在します。今回はその特徴を中心に説明していきます

ビックキーワードについて

検索ボリュームがとても多いキーワードになります。

具体的には下のような感じになります。

検索キーワード(ビックキーワード)月間検索ボリューム
ニキビ90,500回
脱毛90,500回
転職エージェント40,500回
就活49,500回
クレジットカード301,000回

ビックキーワードとは上記のように検索ボリュームが多いため、SEO上位表示することができればかなりのアクセスをサイトに集めることが可能になります。

しかしビックワードは多くのアクセスがよぶことができるキーワードになるため大手の法人サイトが莫大なお金をかけているため競合が多いのが現状になります。

またビックワードはユーザーの検索意図を読み解くことが難しいため、初心者のアフィリエイターがSEO上位表示させるのはかなり難易度が高めになります。

エマ
エマ
ニキビというキーワードで検索する人ってどんなユーザなの??
キャッシー
キャッシー
  • ニキビの治し方を知りたい人かも?
  • ニキビの原因を知りたいユーザかも?
  • ニキビに効く美容液を知りたいかも?
  • ニキビの意味を知るために検索したかも?
Kくん
Kくん
このようにビックキーワードはユーザーの検索意図が把握することがかなり難しいのが現状になります。

ニキビでSEO上位表示させるための方法はSEO難易度がかなり高いため、今回は割愛させていただきますが、簡単にいうと下記手法で記事を書くということです。

上記の手段でビックワードに関する関連キーワードで記事を書き、ニキビのキーワードでの関連記事が複数で来たタイミングで、それらすべてを内部リンクで1つの記事にまとめるといった感じになります。

そうするとニキビに関する情報が1つのページにすべて網羅されているため、サイトの専門性という視点でSEO上位表示されやすくなります。

また上記以外で20記事しかない個人のアフィリエイトサイトがビックワードでSEO上位になったという事例があります。

その方法を詳しく知りたい方は下の記事を読んでください。

サイテーションがSEOに影響されるか解説【知らないと損するかも!?】 ●motoさんについて Twitterフォロワー:8.5万人(@moto_recruit) 運営...

ミドルキーワードについて

ミドルキーワードは検索ボリュームが1000回以上、1万回以下のキーワードのことを言います。

アフィリエイト界隈では検索キーワードの語数でいうと2語キーワードのことを指します。

具体的には下記のような感じになります。

検索キーワード(ミドルキーワード)検索ボリューム
ニキビ×治し方10,000回
ハゲ×原因1,900回
転職エージェント×おすすめ6900回
就活×面接6,600回

ミドルキーワードも検索ボリューム数が多いため、SEOで上位表示することができれば、ある程度のアクセスを集めることが可能になります。

そのため法人サイトが参入しているケースが多いのが現状になります。

しっかりとSEOの知識、キーワード設計の知識があれば個人のアフィリエイトサイトでもこのミドルキーワードでSEO上位表示することが可能になります。

またミドルキーワードは検索ボリュームはビックキーワードに比べて少なくはなるのですが、ユーザーの検索意図が少し明確化します。

Kくん
Kくん
ニキビ(ビックキーワード)とニキビ×治し方(ミドルキーワード)ではユーザーの検索意図という点でどちらの方がわかりやすいですか??
キャッシー
キャッシー
ニキビと検索するユーザーはニキビの何について調べたいかがわからないけど、ニキビ×治し方というキーワードだとニキビの治し方が知りたいんだと理解することができますね
トム
トム
たしかに!ニキビ×治し方というキーワードで記事を書く場合は治し方を記事にすればいいので検索意図が曖昧なビックキーワードに比べると記事は書きやすいですね!

ロングテールキーワードについて

ロングテールキーワードは検索ボリュームが1000回以下のことを言います。

アフィリエイト界隈では検索キーワードの語数でいうと3語以上のキーワードのことを指します。

具体的には下記のような感じになります。

検索キーワード(ミドルキーワード)検索ボリューム
ニキビ×治し方×10代100回
ハゲ×原因×食生活200回
転職エージェント×おすすめ×東京200回
就活×面接×逆質問50回

ロングキーワードは検索ボリューム数が少ないといった点もあるのですが、魅力点もかなり多いのが現状になります。

魅力ポイントとしては競合サイトが少ないという点と、ユーザーの検索意図が明確なので記事が書きやすいといった点になります。

キャッシー
キャッシー
確かに「ニキビ」というビックキーワードに比べると「ニキビ×治し方×10代」だとしっかりターゲットを絞って記事がかけますね!

アクセス数は少ないが、ロングテールキーワードで多くの記事でSEO上位表示することでサイトのアクセス数を増やしていくことが可能になります。

また塵も積もれば山となる方式でロングテールキーワードでたくさんの記事でSEO上位表示することができれば、月100万円も稼げる可能性だってあります。

以前僕はこんなツイートをしました!

そのためアフィリエイトを始めた方はまずはロングテールキーワードで記事を書くことをお勧めします。

僕自身もロングテールキーワードで記事を書くことで3週間後にはSEO2ページまで上がってくるといったサイトもあります。(※SEOをしっかりと意識する必要はある)

またロングテールキーワードでアクセスが増えていくとサイトのドメインパワーも強くなり、結果ミドルキーワードでもSEOが上がりやすくなる可能性が高くなります。

Kくん
Kくん
ここまでをまとめると下のような感じになりますね!
キーワードまとめ

●ビックキーワード

  1. 月間検索ボリューム:1万回以上(1語キーワード)
  2. 多くのアクセスを集めることが可能
  3. 競合サイトが多いためSEO難易度が高い
  4. ユーザーの検索意図が不明確
  5. ex:ニキビ/転職エージェント/就活

●ミドルキーワード

  1. 月間検索ボリューム:1万回以下(2語キーワード)
  2. 多くのアクセスを集めることが可能
  3. 競合サイトがわりと多いためSEO難易度が少し高い
  4. ユーザーの検索意図がある程度把握できる
  5. ex:ニキビ×治し方/就活エージェント×おすすめ/ハゲ×原因

●テールキーワード

  1. 月間検索ボリューム:1000回以下(3語以上キーワード)
  2. アクセスがすくない
  3. 競合サイトがすくない
  4. ユーザーの検索意図がかなり明確
  5. 検索意図が明確なのでターゲットを絞って記事が書ける
  6. ex:ニキビ×治し方×10代/就活エージェント×おすすめ×東京
げんき
げんき
キーワードの定義と特徴については理解しました!
キャッシー
キャッシー
けどそもそもキーワードのボリュームとか、実際に検索窓にて検索されたことがあるキーワードってどうやって調べるの????
Kくん
Kくん
わかりました!次は実際にキーワードの選定するために必要なツールの使い方を説明して行きますね!

キーワード選定ツールについて

今回は上記検索キーワードの分析をする際に必要となるツールを少し紹介して行きたいと思います。

Ubersuggest(ウーバーサジェスト)

ウーバーサジェストに入り、狙って行きたいキーワードを検索するとその検索キーワードの検索ボリュームと競合性が可視化して見ることが可能になります。

具体的には下のような感じになります。

ウーバーサジェストの管理画面

上記は「就活」と検索キーワードを検索した場合の就活関連の需要のあるキーワードになります。この検索窓に狙いたいキーワードを検索するといいでしょう。

アフィリエイト初心者は3語キーワードを検索しましょう。

そして検索ボリュームが1000以下のキーワードを中心に記事を書いていくといいでしょう。

稼ぐためには上記キーワード選定と同時に競合際の分析も必要になります。

具体的に競合サイトの分析も大切になってくるので下の記事も参考にしてください。

本当は教えたくないアフィリエイトの競合サイト分析とお宝キーワードの探し方今回はタイトルにもあるように競合サイトの分析方法とお宝キーワードの見つけ方を徹底的にご説明させていただきます。 ...

キーワード関連取得ツール

Kくん
Kくん
キーワードを調査することはとても大切になります!

グーグルの検索窓に検索されたことのあるキーワードをしっかり調査をした上でキーワード選定を行い記事を書く

グーグルの検索窓に検索されたことのあるキーワードを調べずに、自分の頭の中で考えたキーワードや自分の書きたい記事を書く

キャッシー
キャッシー
キーワード選定に関して下の投稿がとても参考になりますね

そのためまずはしっかり検索窓にユーザーが検索したことのあるキーワードを調査することから始めましょう。

その際に役だつツールはキーワード関連取得ツールになります。

このツールは実際にグーグルの検索窓に検索されたことのあるキーワードを一覧で見ることができる無料ツールになります。

具体的には下のような感じになります。この検索窓に狙っているキーワードを打つと、実施に検索されたことのあるキーワードが50音順ででてきます。

アフィリエイトと検索した場合

グーグルサジェストという文字が確認できます。

このサジェストキーワードはアフィリエイトと検索下ユーザーが関連して検索する需要のあるキーワードになるため、

サジェストキーワードでSEO上位表示できればある程度のアクセスを集めれる可能性がある需要のあるキーワードになる

自分のサイトの分析方法

狙ったキーワードで自分のサイトがSEO上位にきているのかや自分のサイトがどういったキーワードでの流入が多いかを調べることも大切になります。

2:8の法則というものがあります。要は自分のサイトの80%のアクセス数は上位の20%のページから集めているということです。そのため記事を書いた後は80%のアクセスを集めている上位20%のサイトはどれなのかをしっかり把握することが大切になります。

上位20%のサイトがわかれば、その記事に対して、親和性の高い、広告を貼ることで効率ようく稼ぐこともできます。

上記調べるために必要なツールはグーグルサーチコンソールになります。詳しく自分のサイトを分析したい方は下の記事を読んでくださいね。

【Googleサーチコンソール使い方】ブログをリライトする際の裏技 Googleサーチコンソールを活用 SEO上位表示させるにはブログの新規記事を書くことが大切とされている ...

キーワード選定のコツ まとめ

いかがでしたでしょうか。今回はキーワード選定をするためキーワード理解のコツを簡単に説明していきました。

まとめると下のような感じになります。

キーワードまとめ

●ビックキーワード

  1. 月間検索ボリューム:1万回以上(1語キーワード)
  2. 多くのアクセスを集めることが可能
  3. 競合サイトが多いためSEO難易度が高い
  4. ユーザーの検索意図が不明確
  5. ex:ニキビ/転職エージェント/就活

●ミドルキーワード

  1. 月間検索ボリューム:1万回以下(2語キーワード)
  2. 多くのアクセスを集めることが可能
  3. 競合サイトがわりと多いためSEO難易度が少し高い
  4. ユーザーの検索意図がある程度把握できる
  5. ex:ニキビ×治し方/就活エージェント×おすすめ/ハゲ×原因

●テールキーワード

  1. 月間検索ボリューム:1000回以下(3語以上キーワード)
  2. アクセスがすくない
  3. 競合サイトがすくない
  4. ユーザーの検索意図がかなり明確
  5. 検索意図が明確なのでターゲットを絞って記事が書ける
  6. ex:ニキビ×治し方×10代/就活エージェント×おすすめ×東京
About me

僕はWebマーケの会社で働いている24歳のサラリーマンです。

ブログ術やSEOに関する役に立つ情報を発信していきます。

つまり意識高い系というよりかは血糖値高い系カラスです。